迷子の犬を探しています!

当面の間トップ固定記事とさせていただきます。
行方不明犬の情報提供のお願いです!

近くのシェルターで保護していいる犬が逃げ出してしまったそうです。

どんなささいなことでもいいので、お心当たりの方は、下記までご一報願います。


【ご協力のお願い】
★ハチくんのポスターを作成しました。(A4版)
お近くのお店等、居住地域に掲示していただける場合には、お送りさせていただきます。
メールフォームよりご連絡いただけると助かります。
PDFデータでの送付も可能です。


こちら


20140905035011a1c.png


逃走場所 
名古屋市西区花の木2丁目付近 (8月26日、花の木シェルターより逃走)


【特徴】
● 毛色 白
● 左耳が垂れている
● 左前足に傷がある(下記写真のように輪のような傷があります:写真参照)

同シェルター内では「ハチ」と呼ばれていたようです。(保護元では「シロ」で呼ばれていた可能性あり)

性別 オス、臆病な性格 連絡先 052-710-5973

DSC_1689.jpg

DSC_1730.jpg

三重県で保護された子なのでそちらへ向かっているかもしれません。

どうぞ、よろしくお願いいたします。





★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

グルグル

ハナちゃんを仕事で長時間ひとりにするので、いつも苦しくないか、しんどくないかと気にかかってばかりいます。



家に帰ると真っ先に様子を見に行きます。

IMG_4274_R.jpg

呼びかけてもあまり反応ないかな・・・と思っていると

IMG_4277_R.jpg

グルグルと喉を鳴らしてくれたりします。

IMG_4276_R.jpg

グルグル グルグル・・・・

撫で撫ですると気持ちいいかな・・・

IMG_4278_R.jpg

しんどいのに、、、苦しいのに、、、
こんなふうに応えてくれる小さなガリガリのハナちゃんがとても愛しいです。







★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


酸素室

胸水や肺の炎症の影響で呼吸が苦しいハナちゃんに酸素室をレンタルしました。



自分から中に入って行ったので少しは楽になるのかな・・・。

IMG_4270_R.jpg

気立ての優しいハナちゃん

重すぎる病を抱えて必死に頑張っています。

IMG_4273_R.jpg

少しでも楽に、、、少しでも良くなるように、、、、。

祈るような気持ちでいます。

コメントになかなかお返事ができず申し訳ありません。

温かいコメントは全部読ませていただいています。

ありがとうございます。






★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ハナちゃんの病状

ハナちゃんの看病を最優先しており、なかなかブログが更新できずに申し訳ありません。

ハナちゃんは、高熱が下がらず検査をしてFelv(猫白血病ウイルス)に感染していることがわかりました。

インターフェロンを毎日投与するため、仕事が終わったら急いで病院へ通院していましたが、呼吸が荒くなり

胸水が溜まっていることがわかりました。

そして、その胸水の検査で致死率99%といわれている猫伝染性腹膜炎のFIPウイルスに感染していることが
わかりました。

小さな身体でこの重すぎる病と闘っているハナちゃんをどうにかしてあげたい一心でいます。




毎日の思い医療費負担に主治医のF先生は「野良ちゃんだから線を引くことも考えて」と提案をしてくださいましたが、「もう、うちの子です。わたしの大切な子です。」というわたしには到底そんなことはできないことは承知してくださって日々の治療をしてくださっています。

すこしでも食べてもらいたくて1日に数回、ハイカロリーのフードを強制給餌をしています。


わたしの寿命でよければいくらでもあげたいのに・・・。

そんな思いで胸がいっぱいになります。

声をかけて、撫でると辛い状態なのにわたしをみつめてグルグルを喉を鳴らしてくれるハナちゃんが愛しいです。

辛そうなハナちゃんをみていると胸がつぶれつような気持になりますが、ハナちゃんと一緒に精一杯頑張りたいと思っています。

コメントへのお返事もなかなかできず、ブログもなかなか更新できませんが、ハナちゃんを最優先したいと思います。

どうかお許しを願います。







★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ハナちゃんのこと

3週間くらい前、道で弱っている仔猫を保護しました。

小さな公園の脇の車通りの多い道の真ん中でうずくまっていました。

生後3か月くらい子です。

捕まえようとしたとき話をした近所の人達はその存在を知っていたとのこと。

こんな状態の子を平気で放置しておけるんだな・・・ととても悲しい気持ちになりました。



意識も半濁状態ですぐに動物病院へ。

IMG_3616_R.jpg

意識レベルが低下しており、高熱、カリシウイルス感染症。

検便でコクシジウムと回虫の寄生虫がみつかりました。

IMG_3608_R.jpg

茶トラの女の子。

駆虫してインターフェロンを注射後、三日くらいがヤマだと言われて連れて帰りました。

あばら骨がゴツゴツと触ってわかるくらいのガリガリ。

獣医師のF先生には、できるかぎり毎日通院してくださいと言われました。

IMG_3622_R.jpg

ケージの毛布の上にそっと置いたら無意識にフミフミ。

お母さんを思い出しているのかな・・・。

寒かったね。

おなかが減っているね。

辛かったね。

IMG_3626_R.jpg

この子をなんとか助けたい・・・。


それが小さく可憐な花のようなハナちゃんとわたしの闘病の始まりでした。






★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR