サロン・ド・王次郎

すずちゃん、今日はカリスマ猫スタイリストの王次郎さんがいるサロン・ド・王次郎へ・・・




IMG_6154.jpg


IMG_6151.jpg


IMG_6152.jpg


IMG_6153.jpg


IMG_6467.jpg

おーちゃん、また、毛流れと逆になめたのね・・・






★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


名古屋の殺処分ゼロを目指すシンポジウム開催(明日1月18日)

イベント告知です

明日、1月18日(日)13:00~15:00
愛知学院大学名城公園キャンパス 明倫ホールにて


名古屋環境大学の名古屋の殺処分ゼロを目指すシンポジウム

が開催されます。

詳細はこちらから

http://www.n-kd.jp/calendar/lineup/koza14a/B-46.html

いつも動物愛護に尽力されている女優の杉本彩さんもゲストでおいでになるようです。

杉本彩さんのブログでも紹介されています。

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11974620900.html#cbox


年間、20万匹以上……。

この数字が何をあらわしているか、ご存知でしょうか?

これは、日本で殺処分される犬・猫の数です。

一日に換算すれば、約550匹。
今、この瞬間にも、かけがえのない命が殺されていっています。

人間の身勝手な都合で殺されなければならない命を一匹でも少なくするために、小さなことでもはじめられることなど考えられるきっかけになるかもしれません。

ご案内がギリギリで申し訳ありません。
よろしければ、名古屋市および近郊の方、その他の方も貴重なこの機会におでかけください。 



このイベントは、ブログに温かいコメントをくださる ひささんから 情報提供いただきました。
ひささん、いつも多忙なわたしに貴重な情報を教えてくださってありがとうございます。

残念ながら、仕事で参加できませんが、出かけられたら是非、感想など聞かせてくださいね。  


小さくても、確かにここにある大切な命のぬくもり・・・
zeroshinpo.jpg







★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


晴れた日は庭に出る

家には、猫の額ほどの庭がありまして、少し改造して猫たちを遊ばせています。
仔猫は柵の間からするりと抜けてしまうのですが、すずはもう大丈夫な大きさなので最近は、ちょくちょく出して遊ばせています。

寒いけど、お庭に出るのは好きなの
IMG_5729.jpg


あ、鳥さんの声
IMG_5732.jpg


登りたい
IMG_5734.jpg


よいしょっと
IMG_5735.jpg


よじよじ・・・
IMG_5736.jpg


やっぱり、降りる
IMG_5737.jpg


じーーっ・・・
IMG_5738.jpg


クロねえたんも来た

IMG_6400.jpg


なかなか楽しいですにゃ
IMG_6403.jpg




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ナメられてる?

ごまちゃんが怒らないので、すずちゃんは最近ちょっかいの出し放題



suzu0002.jpg

suzu0003.jpg

IMG_5994.jpg

IMG_5992.jpg

suzu0004.jpg

ごまちゃん、すずにナメられてるよ~?

goma0001.jpg

ごまちゃん、優しいのか、単に気が弱いのか・・・





★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


ボクも一緒に・・・

IMG_6097.jpg

そんな、おーちゃんをよそにクロちゃんと今日も一緒のベッドでくつろぐすず

IMG_53550.jpg

IMG_5378.jpg

IMG_5354.jpg

IMG_5388.jpg

IMG_5391.jpg

IMG_5394.jpg

IMG_5395.jpg

IMG_5396.jpg

IMG_5384.jpg

すずちゃん、実に冷静な判断でした








★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


指をなめる

怪我した指、大丈夫?
IMG_5235.jpg

うん、まだ、ちょっと腫れてるのよ

すずが舐めてあげる
IMG_5234.jpg

こうやってね
IMG_5237.jpg

こうやって・・・
IMG_5240.jpg

優しくガジガジも・・・
IMG_5245.jpg

すずちゃん、ありがとうね

はやく、よくなりますように・・・
IMG_5236.jpg

咬まれたのは反対の手なんだけど、うれしいわ。





★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


京都市の野良猫に餌やり禁止条例に意見を!(1月14日まで)

【緊急拡散希望】 京都市の野良猫に餌やり禁止条例のパブリックコメントの募集

IMG_5016000.jpg

(記事の転載元 『犬猫救済の輪』平成26年12月21日の記事) 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の制定に係る意見募集について

京都市が野良猫への餌やりに関する条例を罰則つきで制定しようとしています。
条例が制定されてしまうと
野良猫の世話をしてくださっているボランティアの皆様にとっては活動に大きな支障をきたしてしまいます。

京都市だけの問題ではありません。

京都市が野良猫への餌やりを規制するような条例を制定しないようぜひ意見を出してください。
下方に意見例を掲載しますので、全文でも一文でもご自由にコピーなどしてお使いください。


問題になる原文
 野良猫に餌やりをしようとする方は,猫を自ら飼養いただくか(1),
又は,「まちねこ活動支援事業」に沿って,適切な管理の下で実施いただきますようお願いします。

身近にいる動物に対し無責任な給餌(餌やり)(2)をしたり,残飯ごみを放置したりしてはならないこと。

条例を実効性あるものとするための措置
 本市では,この条例に基づき,ルールを守っていただけるよう,啓発や指導等に取り組んでまいりますが,改善がみられないケースや悪質なケースに対しては条例の実効性を担保するため,次のような措置を設けます。

勧告・命令(3)
 〇 身近な動物に対し無責任な給餌をしたり,残飯ごみを放置することにより,周辺の生活環境が損なわれていると認められるとき。

過料(4)
 〇 上記の勧告・命令に違反したとき


なぜ問題なのか?上記下線部分の番号に対応します。

(1) 野良猫へ餌をやる人に所有権を押し付けることは法的にできません。
野良猫は民法上の「無主物」です。本人が希望しなければ無主物の所有者になることを他人が押し付けることはできないからです。
また、その野良猫に万が一、本当の飼い主がいたら、飼い主の所有権を侵害してしまうことになります。
さらに猫を終世飼養するには200万前後の費用が必要ですので、猫を飼うことを強要すると財産権の侵害となります。

(2) 無責任な給餌(餌やり)の定義が明確ではありません。
周辺環境や住民の愛護意識の程度によっても何が無責任なのかは変わります。
ある場所では置き餌が大丈夫かもしれませんがある場所では難しいかもしれません。
野良猫に寛容な地域と猫嫌いの人の多い地域でも「無責任」の意味が違います。
所によって状況によって基準や定義が変化するようなこがらを条例にすることはできません。

(3) (4)
民法に抵触したり、 基本的人権を侵害し違憲の可能性があることを命令したり過料をかけることはできません。
罰則を定めながら違反行為の要件が明確でない条例、または許可の範囲が不明確で行政(権力)に幅広い裁量権があるような条例は基本的人権を侵害し憲法違反となります。

今回、所有者不明猫への餌やり禁止の場所や方法状況等、どんな行為が無責任な餌やりとして違反なのか非常に曖昧になる可能性が高いと思われます。
この様に適用範囲が不明瞭な条例は作ることができません。
市民が自分の行為が違反かどうか予測できず、解釈もできないような法律は作ることができません。
不当な罪により罰せられる市民を生み出す可能性があるし、解釈する側(この場合は市)が自由に裁量できる(どうにでもできる)と、不公平な事態が起きうるので憲法が保障する基本的人権の平等権侵害の恐れもあります。

意見応募フォームはこちらから
https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572

意見例(ご自由にコピーしてお使いください)
※罰則付きで野良猫への餌やりを制限するような条例は作らないでください。
ボランテイアへの偏見を助長し活動がしにくくなります。

※「無責任な餌やり」といっても定義や基準が明確ではないので、市民が不当な罪で罰せられてしまい、基本的人権侵害の恐れがあり条例には反対です。

※野良猫を餌をやるからには家に連れて行けというのは、民法に抵触し、所有権、財産権の侵害になるので適切ではありません。

全国の皆様、
この条例が成立したら大変危機的です。
今回のパブリックコメントで条例化を阻止しなければなりません。
パブリックコメントに意見を提出していただくことにぜひご協力ください。
お知り合いにもぜひ広めてください。

また京都市議の先生がたにもメールやファックスなどで訴えてください。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/meibo/gojuon.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(以上転載)

※本件は「みなと猫の会」さんのブログで知りました。

参考:【広報資料】「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の制定に係る意見募集について
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000173377.html

上記京都市情報館のページに以下の小学生の作文が掲載されています。
「じぶんのつごうがよくても,それがみんなのめいわくにならないことかなとかんがえてみてから,じぶんのすきなようにしなさいね」

この「じぶん」という単語を「にんげん」と置き換えたらどうでしょう。
そのほうが、ずっと深く大切な何かを訴えてくるような気がしています。
京都も日本も人間だけのものではないはずです。

::本件における個人的考察::

当該条例の骨子において、最も問題としなければならないのは、「犬猫救済の輪」の原文にあるとおりのように思います。
私自身、迷惑な餌やりさんに自宅の前に毎日猫の餌を置かれ、警察に相談に行ったこともあります。

一方で過去にTNR活動、保護活動のなかで野良猫に餌やりをしてきました。
茶豆や、すずもそうです。
あまり警戒心のない子猫の茶豆は1週間、すずは、3日ほど餌やりをしまして保護できました。

けれども、保護までに2か月かかった遺棄された成猫もいました。
その猫の場合、わたしは、保護を前提とした餌やりをするということで、事前に所管の保健所にも連絡していました。(当時の担当者からも信頼を得ていました)
それでも、近隣の猫嫌いの住民から大声で威嚇をされ、暴力で警察沙汰にもなりそうでした。
(間一髪で暴力を免れましたが・・・)

ルールを守ろうとし、努力しながら猫を保護しようとしてもこういうことがままあるということは、保護活動に関わった方なら少なからず経験があるかとも思います。

このような条例ができれば、猫嫌いで排除だけしたいという人間にが「錦の御旗」のように、それをふりかざすような気がしています。そして、猫の保護、TNR活動をしようとするものを攻撃するのは目に見えています。

一方で、個人では時間面、費用面において保護に限界があることも痛感しています。すべての子を保護できるわけではありません。

ここで、あらためて京都市の要求する保護もしくは「まちねこ支援事業」について調べてみると、個人や少人数で猫の保護やTNR活動をしているものにとって、とても厳しいものであるような気がしてなりません。

では、「まちねこ支援事業」とはなんでしょう?

★まちねこ活動は以下の基準です。
・地域住民3人以上でグループを作る
・町内会に説明し理解を得る
・行政に認定の手続きをし、審査を受ける

ならば、個人で頑張ってTNR活動をしている人の餌やりは、罰則にあたるのでしょうか?
同様に2人で頑張って地域猫活動をしている人は罰則にあたるのでしょうか?

何度、京都市の当該ページを読んでも論点のすりかえのようで、とても違和感があります。

日本のような法治国家において、あまりにも偏ったこのような条例が施行されるのは行政の施策として乱暴な気がしてなりません。

不幸な猫を救いたいという思いが権威に捻じ曲げられるのは残念でなりません。

どうか、ご自身の意見、また、うまく自分の意見を活字にできないといわれる方は、「犬猫救済の輪」さんが作成してくださった下記の意見例をコピー&ペーストで京都市のパブリックコメント募集係までお送りください。

そして、どうぞ忘れないでください。一人一人の意見が集まれば大きな力となることを。

意見応募フォームはこちらから

https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572

意見例(ご自由にコピーしてお使いください)

※罰則付きで野良猫への餌やりを制限するような条例は作らないでください。
ボランテイアへの偏見を助長し活動がしにくくなります。

※「無責任な餌やり」といっても定義や基準が明確ではないので、市民が不当な罪で罰せられてしまい、基本的人権侵害の恐れがあり条例には反対です。

※野良猫を餌をやるからには家に連れて行けというのは、民法に抵触し、所有権、財産権の侵害になるので適切ではありません。

野良猫だったすずは個人で餌やりをして保護しました。IMG_43050.jpg



★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


すずちゃん、唄って

今年は本当に寒いですね。

すずちゃん、寒さを吹き飛ばすような歌でも唄ってもらえませんか?

昨年からよく耳にする「Let It Go」とかどうかしら?




IMG_500811.jpg


IMG_5052.jpg


IMG_5051.jpg


でも、おしりはベッドに入れるんだね?


IMG_5024.jpg

す、すみません・・・
超くだらなくて・・・







★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


優しい時間

すずちゃん、この頃、よくクロちゃんと一緒のベッドにいるわね



あら、どんな特典なのかしら?

IMG_5377.jpg

IMG_5360.jpg

それはいいわねぇ

IMG_5368.jpg

IMG_5369.jpg

IMG_5372.jpg

IMG_5357.jpg

すずを保護した当初は、威嚇していたクロちゃんも今ではすずのことを可愛がってくれるようになりました。

威嚇はしても、決して手をあげることはなかったクロちゃん。

いつしかすずの方から甘えていくようになりました。

思えば、クロちゃんもずずと同じようにたったひとりで、寒い冬に何日も道路を彷徨っていた仔猫でした。

ふたりがそんな思いを共有しているとは思うことはなくても、ふたりの間に生まれた優しい時間がその必死で生きていた
野良猫だったころの孤独な思いを溶かしてくれてる気がします。

大人の子が自分より明らかに小さき弱きものへの優しさと思いやり・・・。

そんな大切なことを思い出させてくれる瞬間です。




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


可愛いお出迎え

すずちゃん ただいま。今日も遅くなっちゃった

あ、起こしちゃってごめんね
IMG_5153.jpg

IMG_5128.jpg

IMG_5118.jpg

IMG_5156.jpg

IMG_5155.jpg

IMG_5159.jpg
(ピンボケすみません)

う~ん、なんてキュートなお出迎え

ねこのフミフミに弱いのはわたしだけでしょうか??
きっと、きっと違いますよね!?








★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR