子猫の9割が殺処分・・・悲しい現実と頑張る人たち

先日、大きな法案の成立関連記事の多いニュースの片隅のこんな記事が目にとまりました。

子猫が殺される!殺処分の9割の現実 対策のカギはTNR

こんな、記事を目にするたびに自分の無力感と悲しみに襲われます。

心の弱い私は、とても掲載されている写真をまともに見ることができません。

小さくてもかけがえのない命を救いたいと思っても突きつけられるこういう現実にやりきれない気持ちと、この現実をどうにかしたいと
いう思いが交錯します。

それでも、、、自分にできることは、小さなことでも少しでもやっていかなければと思います。

そんな思いのなか、実際にわたしの住む名古屋で真摯な猫を救うための活動をされている方々がいます。

ぜひ、ご紹介させてください。

みなと猫の会さんです。

メンバーはそれぞれ、個人がやれる範囲の活動(それ以上に頑張っておられると思いますが)をモットーに、日々、目の前の不幸な子たちを救おうを頑張っておられます。

外に暮らす猫たちの環境は劣悪なものが多く、保護した子たちのなかには、ネコ白血病ウイルス(FeLV)感染症,ネコ猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症,ネコ伝染性 腹膜炎(FIP)のキャリアの子や障害のある子もいて、その子たちは自ら受け入れ治療にあたったり
可愛がってくださる里親さんを探したり、不幸な猫を増やさないためにTNR活動をされたりしています。

その経験から猫の病気や症状にも詳しく、記事を読んで参考にさせていただいたりしています。

そして、なにより猫への確かな愛情が溢れています。

先日エントリーにあげたジョー君の記事をブログに掲載した際には、お忙しい最中みなと猫の会メンバーのちび太郎さんがさっそく情報を検索して、メールをくださったり、へちまさんがコメントをくださったりしました。
自分の保護した猫たちや周辺の猫たちのことでも大変なのに、本当にありがたかったです。

一生懸命活動をしても、苦労や悲しいことの方がとても多いと思いますが、それでも、目の前の不幸な境遇の猫たちを救うために今日も頑張っておられます。
定期的に譲渡会も開催されていますので、よろしければ是非、足を運んでさしあげてください。

そんなみなと猫の会さんのブログで最近、特に感動したのがこの記事です。良い意味でかなりウルウルすると思います。
まだ、ご覧になられたことのない方は是非ご覧ください。

できること できないこと

このブログに、たまに登場するコニャンコ姉さんも頑張られています。
インターネットが苦手で、文字を打つのも苦手なので、わたしも出来る範囲でときどき里親さん探しのお手伝いをさせていただいたりしています。

先日は、また数匹の仔猫を保護されたようですので、またご紹介させていただきたいと思います。

コニャンコ姉さんのTNR現場写真(こういう活動には本当に頭が下がる思いです)
IMG_9447.jpg

無力なわたしですが、こういう方たちの活動に気持ちが支えられることが多いと感じています。
たとえ小さなことでも、一匹でも多くかけがえのない命を救うことができるよう模索をしながら、これからも過ごしていきたいと思っています。

また、少しでもこのブログを読んでくださる猫を愛する優しい皆さまと一緒にできることがあるとしたら、発信させていただきたいと思います。

スポンサーサイト



★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

子猫の9割りが処分…信じられません。
恐ろしい現実だと思います。
そんな中、TNR活動など懸命にやられている団体、個人の方々に、本当に頭が下がります。
その方々のおかげで、救われる命があるんですから。
Mさんが紹介してくれた『みなと猫の会』さんのブログ拝読しました。
胸がイッパイです( ノД`)…

Re: タイトルなし

銀の翼さん

いつもコメントをありがとうございます。
声なき動物たちが人間の身勝手な犠牲になるというつらい現実は本当にまだまだたくさんあると思います。

つい目をそらしたくなるようなことも。。。
それでも、目の前の命をできる限り救おうと頑張っている皆さんもいて、そういう方々は応援したくなりますよね。
プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR