独居老人との対峙

通院の日、仔猫たちの命を守るため、Iさんがかの独居老人と話をすることにしました。

「わたし一人で話したほうがよいと思います。」といい、話し合いに向かったIさん。

病院で独居老人と一緒に獣医師の所見を聞いた後、今後の仔猫たちの処遇を話しました。

20170613011715460.jpg

わたしは近くで待機をしていましたが、1時間以上もIさんは戻ってきません。

不安がよぎった頃、憔悴しきったIさんが現れました。

独居老人は、散々怒鳴り散らして帰ったと言いました。

「『わしの猫なんだから、病院なんて連れて行かなくていい。死んだっていい。』って言うんです。だから、もう腹が立って、腹が立って。でも、あの家に戻したら死んでしまうと思って頑張りました。怒鳴られて、罵倒されましたけど、とにかく何とか頑張りました。
『わしは、もうしらんっ』って帰っていきました。」

そう言うIさんの足はガクガクとなっていました。

いつもは、優しく内気な雰囲気で自己主張もしないIさんが、、、こんなに強い一面があったなんて・・・。
Iさんの仔猫たちを守るための精一杯の力に胸を打たれ、Iさんの家に仔猫たちをつれて向かいました。

201706130118032d8.jpg

キャリーバッグの中でスヤスヤと眠る仔猫たち。



無防備な寝顔を見てIさんが言いました。

「お母さん猫ちゃんに申し訳ないです。でも、動物病院の先生もこのタイミングが良いと言っていたからしかたないですよね」

「この子たちを大切にしてくれる里親さん、みつかるでしょうか・・・。ちゃんと元気になるでしょうか・・・。」

頑張ったIさんの不安にどのような言葉をかけてよいのかわからず、思わず言いました。

「せっかくIさんがこんなに頑張ったんですから。この子たちの幸せになってもらわないと・・・。それに、目も鼻も治ったらみんなきったすごく可愛くなりますよ」

今日からは寒い縁側で眠らなくてもいい。毛布もある。

ごはんも十分食べられる。

栄養不良で成長不良の一番小さな白黒ちゃんと、ちょっとマシな、でも猫風邪でクシャミ連発のふたりを元気にしようと目標をたてました。

「仮になるけど名前も、決めなきゃね」

そして、また夜が更けていきました。



スポンサーサイト

★ゆずちゃん、あずちゃんを家族に迎えたい!という方は、メールホームよりお問い合わせください。
(大切なわが子をもらっていただくような気持ちでおります。
譲渡にあたっては、猫をとりまく環境へのご質問、またいくつかの条件を提示させていただきますがご了承くださいませ。
名古屋市及びその近郊の方を希望しています。)



★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

Iさん、本当に本当にお疲れさまでした。
猫達のために、ありがとうございました。
Iさん、凄すぎる(o゚Д゚ノ)ノ
独居老人…信じられませんι(`ロ´)ノ
猫達が、その場所では、絶対に幸せなんかになれる訳がないです。
独居老人、何を考えているのか、わからないし、意味わからない!!
言葉悪いかもしれませんが、天罰がくだればいいと、思ってしまいました。
猫達には、Iさんの為にも、メチャメチャ幸せな猫生を送ってほしいです(*^^*)

Re: タイトルなし

銀の翼さん

コメントをありがとうございます。
Iさんは、本当に頑張ってくださいましたので、こういうコメントを読むときっと励みになるのではないかと思います!

本当にこの独居老人には怒りのような気持ちばかりですが、こういったネグレクトは氷山の一角のような気がしています。
こういう人たちを放置しないためにも、もっと実効力のある動物を守るための法整備がなされることを願ってやみません。

Iさん、みなと猫の会さん、お疲れ様です。
どんな理由があるにしても、この世に死んでいい命なんてないですよ。救ってくれてありがとうございます(^^)
素敵な里親さんの元に行って幸せになって欲しいです(^^)
プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR