猫に熱湯をかけ、バーナーで焼く等、次々殺した税理士の男に実刑を求める署名募集

9/10追記

【注意】
「猫の駆除行為で逮捕された大矢誠に温情判決を!」(大矢誠容疑者に温情ある措置を求める会)という署名キャンペーンがchange.orgにあがっており、間違って署名をしてしまった方たちがいるようです。
注意してください!
また、間違って署名をしてしまった方はコメントに書き込むのではなく、change.orgのトップページ→問い合わせ→「署名キャンペーンから、自分の署名を削除したいです」というところをクリックして入力して削除してください。
削除しなければ、署名としてカウントされてしまいコメントに書いても意味がないようです。
よろしくお願いします。


9/8 追記
 
 ・9月6日に第1回署名が提出されました。 こちら ⇒ 署名提出報告(第1回)

  ・9月6日 弁護士ドットコムニュースに掲載されました。 こちら ⇒ バーナーで猫を殺した税理士に「実刑」求める女性、東京地検に「3万7千筆」署名提出


  ・9月7日 朝日新聞デジタルに掲載されました。 こちら ⇒ 「猫殺した容疑者に懲役刑を」3万7千人分の署名集まる


この大矢容疑者は、すでに釈放され税理士としても元通り営業しているようです。
さらに、猫を放し飼いにする飼い主問題として自らの処分の嘆願書名をしているとの情報がありました。

こういった虐待に対する法の甘さ、警察の甘さがこのような事件を増長させている一因であると思います。

裁判でこの容疑者がが懲役となり、こういった事件の先例となることを願っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

許しがたき罪。

猫をバーナーで焼くなどして虐待死させた様子の動画をネットで配信して動物虐待愛好家に「神」と呼ばれ浮かれていた埼玉県 北本市の税理士の男に実刑を求める署名の募集です。



 こちらをクリックしていただくと署名サイトにとびます。 
    

以下転載

*******************************************************************

8月27日埼玉県の税理士 大矢誠容疑者が動物愛護法違反で逮捕されました。

大矢誠容疑者は、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたりバーナーであぶったりして殺したとして逮捕。
警視庁保安課によると、大矢誠容疑者は今年4月までの約1年半に、少なくとも13匹の猫を虐待し、その虐待の様子を撮影し、動画共有サイトに投稿していました。

動物虐待愛好家のネット掲示板では「神」と呼ばれ有名人物であったとのこと。

大矢誠容疑者が行った虐待方法は、鉄製の捕獲器に猫を閉じ込め

熱湯を数回に分けてかける

ガスバーナーであぶる

熱湯に沈める

爆竹を入れる

肛門に水を注入する

ペンチで歯を抜く

水に水没させる

などです。



とても、まともな人間が行う行為とは思えません。

また、「有害動物の駆除なので、法律違反にはならい」などと話していることから、反省はおろか、自分の行った行為を正当化しています。

猫は有害動物ではありませんが、有害動物であったとしても、このような虐待行為が正当化されていいわけがありません。

現在の動物愛護管理法では、2年以下の懲役 、もしくは 200万円以下の罰金となっておりますが、略式起訴で済まされることが多く、罰金刑で終わってしまうのです。

つまり、何の罰をうけることなく社会復帰するのです。

こんなことが許されていいのでしょうか?

今後このような動物虐待愛好家たちが、平然と生きていける社会であってはならないと思うのです。

どうか、大矢誠容疑者に懲役刑を!



賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます

東京地方検察庁
裁判所


*******************************************************************

転載ここまで

常々現行の動物愛護法はこんな酷い行為にも懲役2年以下もしくは200万以下の罰金とは、甘すぎると思っています。

しかも、このような犯罪を犯す人間でありながら、なかなか実刑にはなりません。

そんな土壌も動物虐待を好む卑劣な人間を増長させているような気がしてなりません。

このような虐待行為を許せないと思った方はぜひ署名をお願いします。

一人でも多くの方の署名が集まり、その声が司法に届くことを切に願います。

スポンサーサイト




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR