FC2ブログ

なぜ、動物愛護法の改正が大切なのか

このブログで時々、動物愛護関連の記事を書いています。

ただでさえ拙い文章が固い文章表現となり、このブログを読んでくださる皆さまには

「難しいなぁ・・・」とか「よくわからない」とか、「あー、また、つまらない話か」とか
思われているかもしれません。

それでも、ひとりでもこういった問題に関心を持ってくださる方がいて、小さくても行動に起こしていただけることが、ペット産業の利権のなかで地獄のような目に遭わされている動物たちを救うことに繋がるのではないか・・・そんな思いで書いてきました。

今年は5年に一度の動物愛護法の改正の年、その中で、動物取扱業者に関して、最低限改正してほしい規制が「8週齢規制」、「飼養施設等の数値規制」、「動物取扱業者の許可制」です。

なぜ、そう思うのか・・・。
今日はそんなことを書いてみたいと思います。

下記の写真をご覧ください。

o0800045014019779336_R.jpg

CvScIWeUEAAiZHp_R.jpg

20160516-00053862-roupeiro-002-16-view_R.jpg

これは、2016年に動物愛護法違反で刑事告発された栃木県の引取屋の写真です。
ペットショップで売れ残った子犬や、繁殖能力が衰えた繁殖犬を、1匹あたり数千円から数万ぎ程度の費用をもらって引き取る業者です。栃木県はまだこの業者の営業を認めています。

ここに入れられた商品とならない犬猫たちは、満足な食事も与えられず、病気になっても治療されることなく、この糞尿にまみれたボロボロの狭いケージのなかで一生を終えるのです。ここから出られるのは死んだときだけ・・・。


下の写真は今年話題になった福井県の繁殖業者での写真です。

2018030100091_1_R.jpg

20180314-00010007-fukui-000-1-view_R.jpg

このような過密状態のマスに押し込められ、耳を片手で持たれ、餌を口に押し込められます。
餌は1日1回わずかな量しか与えられません。

子犬たちは、まだお乳が欲しい、免疫もない時期に母犬から引き離されセリにかけられ
ペットショップなどで展示販売。

セリから漏れた子やペットショップで売れ残った子は上の写真のような劣悪な引取屋などへ・・・。

子犬を生まされる繁殖犬は、ボロボロになって死ぬまで何度も何度も子犬を生まされ続けます。

こんなことが、犬猫を商品としかみないペット産業で平然と行われ続けています。

本来は、こういった動物取扱業者は資格をはく奪され動物を取り扱うべきではないと思いますが、現在の法律ではそれもできません。

だから、自治体の職員もそれにあぐらをかいて、このような動物取扱業者を野放しにしています。


では、どうすれば、よいか。


問題は山積みですが、まずは法律を動物たちを守るものに変えることです。
その最低条件が下記の3つの法改正です。

①最低でも8週齢に満たない子犬や子猫を母親から引き離さないこと8週齢規制 

②動物をその個体が十分に動けるケージ等、繁殖回数などの具体的な数値を示した制限をすること数値規制

ほぼ届けるだけで登録される動物取扱業者を、動物の命を扱うことを許可するという制度して違反者は取り消す制度にする 動物取扱業の許可制

最低限、この3つが上記のように改正されなければ、ペット産業の動物たちをとりまくこのシステムは変えられません。

欧米など先進国では、あたりまえなこの規制が日本では10年以上も前から議論されているにも関わらず、ペット産業におもねる利権が欲しい議員らによって阻止され未だ行われていません。

動物愛護法改正は5年に一度。

今年、変えられなければ、まだ、この地獄が続くのです。

そして、このように改正をしたいと頑張ってくれている議員さんがいる一方で、法改正に一部のペット産業の利権にむらがる自民党議員が強く反対をしているのが現状報告がありました。


わたしたちにできることは何か

ご存知のように、日本は間接民主制なのでわたしたち一般人が直接法改正に携わることはできません。

でも、上記の3点を実現してくれようと頑張っている議員を応援することはできます。

一票を投じることができます。

浅田美代子さんなどの署名をすることもできます。

ツイッターやFacebook、ブログで拡散することもできます。、

反対する議員(未だ明かされていませんが)を拡散することもできます。

誰だって、少しの時間でもできることはあるんです。


わたしがそうであるように多くの人は、可哀想な姿は見たくない、楽しい話題がいいと思うでしょう。

うちの子が一番。うちの子は可愛くて幸せ。

でも、この写真の子たちも、同じように心があります。

劣悪な環境で虐げられながら懸命に生きています。

同じように痛みも辛さも感じます。


楽しい、可愛い話題・・・それだけでは、この地獄のさなかにいる無力なこの子たちは救えません。


そして、人間の手で人間のエゴの犠牲になっているこの子たちを救えるのは、わたしたち人間だけなのです。


誰しもがひとりひとりは、小さな力しかありません。


でも、この現実を少しでも変えたいという思いがあり、少しでも行動を起こすことでこの子たちを地獄から救い出すことができると思います。

どうか、少しだけでもいい。

このペット産業の地獄で苦しむ犬猫の為に、お力をお貸しください。

スポンサーサイト




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR