ちゃまちゃん&ジョーくん 幸せ通信

茶豆の里親さんから、とても素敵な写真が届きましたのでご紹介させていただきます。

なんて、微笑ましくて素敵な写真でしょう・・・。
ジョーくんの茶豆への優しさとちゃまちゃんのちょっと我儘そうな末っ子の感じが素敵すぎます。


こちらも・・・。
見ているだけで気持ちがほっこりしてきます♡
IMG_53310 (1)

ちゃまちゃん、ますます、美しくなりましたね。とっても美少女。
IMG_53310 (2)

ジョーくん、足をあげて、毛づくろいかしら・・・。大きな身体でふんばってる感じが可愛いです。
IMG_53340.jpg

ちゃまちゃんとジョーくんがHさんの家の子になってから、約2か月がたちました。

人見知りでやんちゃ姫のちゃまちゃん、大きな身体で遺棄のトラウマを抱えたガラスのハートのジョーくん・・・。
Hさんのご家族の優しい愛情に包まれて本当に幸せそうです。

ふたりとも、命のリレーのご縁がなければまだ路上をさまよっていたかもしれません。
小さくて、お腹の弱いちゃまちゃんは、冬を越せたでしょうか。

ふたりのこんな写真をみると感無量になります。

こんなにも、幸せそうなふたりの顔をみせてくださるHさんには感謝のしようもありませんが、ちゃまちゃんやジョーくんのこれまでに関わってくださったチョロさんはじめ、ボランティアさんたち、このブログを読んでくださってちゃまちゃんを応援してくださった皆さんに感謝の思いでいっぱいです。

今年、14年間一緒に暮らした先住猫を病気で亡くされて、ちゃまちゃんに目をとめてくださったHさん。
先住ちゃんへの思いや悲しみは消えるものではありませんが、ちゃまちゃんとジョーくんと一緒に笑っている
Hさんとそのご家族を先住ちゃんもきっと天国から、ちょっと安心しながら見守ってくれていると思います。

猫だって大切な大切な家族、その両者の思い、その絆は亡くなっても消えることはないと信じています。

昨年、18年間一緒に暮らした、息子と思っている猫を亡くし、ただ悲嘆にくれていたわたしに、ある方が教えてくれました。
「猫だって犬だって同じように心がある。 肉体の死は終わりではなく、死をもってしても愛し合うものたちの魂を引き裂くことは誰にもできない。命が尽きたとき必ずまた会えるから、それまでは頑張って生きないとね」と・・・。


ちゃまちゃんとジョーくんは、もうすっかりほんとうの兄妹ですね。ふたりもやっぱり、あの日家族になったのですね。

Hさん、とっても素敵な写真をありがとうございました。
ふたりは、Hさん一家の家族にしてもらって本当に本当に幸せだと思います。


スポンサーサイト



★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

ちゃまちゃんも、ジョーくんも、ホント幸せそうで、こちらまで幸せな気持ちになりますヽ(・∀・)ノ
ほっこりする写真ばかり(*^^*)
嬉しいですね♪

幸せそうですね

可愛いちゃまちゃんと、あんよピーン!のジョーくん。いつも愛情を感じる良い写真で、にまにましちゃいます
(^-^)/

Mさんのお話、私もそう思います。
例え肉体をお返ししても、必ずいつもそばに居るし、愛情は消える事は決してないですね。

ちゃまちゃんもジョーくんも。愛し愛され、の素敵な家族と一緒にいられて良かったね( ´ ▽ ` )ノ

お久しぶりです

ジョー君と茶豆ちゃん、幸せ一杯の終の棲家をみつけましたね。
ジョー君は何度もトライアルから帰ってきて、今度こそは~と見ている方も力が入っていたので、本当に嬉しいです。
ジョー君の過去も、駐車場で一人たたずんでいる茶豆ちゃんの姿も両方知っているMさんだから、さぞ感無量なことでしょう。

亡くなった猫は、こちらの世界にいつでも好きな時に会いに来れるのだそうですよ!こちらからも見えるといいんですけどね。

たまごろうの件では、本当にお世話になりました。
今はステロイドでコントロールしながらですが、たまちゃんらしく生活が出来ています。
外の空気が好きなようで、玄関ポーチへ散歩に出ようとしょっちゅう私を誘います。
温めたご飯を持って、外でおでんの屋台のように食べることも好きみたいです(^.^)
春になったら鶴舞公園を散歩するのが夢です。
それまで、生きてくれるといいなぁ……


Re: タイトルなし

銀の翼さん

いつもコメントをありがとうございます。
本当に良い写真ですよね!
里親さんはとても写真がうまいなぁといつも思っています。
わたくし、苦手でして。。。すぐ、ブレブレ・・ピンボケです。
いつもみなさんにお見苦しい写真で構成しておりますが
みなさん、そこは突っ込まずありがたいと思っています。

Re: 幸せそうですね

Juneさん

いつもコメントをありがとうございます。
わたしも、いつも里親さんからの写真を何度も見てはにまっています。
あのふたり、、相性もバツグンだったのかもしれません。
それを見抜かれた里親さんに脱帽です!

Juneさんも昨年大切な大切な猫ちゃんをうちの亡くなったこと同じ病気で亡くされているので、
思いが共感できます。なにがあっても亡くなった子との絆は消えないことをJuneさんも身に沁みてわかっておられるのが伝わってまいりました。

Re: お久しぶりです

たまごろうさん

たまちゃん、一時はわたしもあきらめかけたのですが、本当によく頑張っていますね。
通常の獣医療では考えられない奇跡のような回復や生命力をときどき猫はみせてくれて、その、みえない力に圧倒されることがあります。
たまごろんさんのたまちゃんへの深い愛情と、あきらめない努力がたまちゃんの頑張りの源になっていると確信しています。

たまちゃんも、つらい過去を背負って木の下で動けなくなっていたところを台風の直前に保護され、たまごろうさんのお宅へ貰われた子。本当に、終の棲家がたまごろうさんのところでよかったと思っています。
重い病気を抱えてはいますが、たまごろうさんの愛情に包まれて、いまの暮らしが一番幸せだと思っていると思います。
雪がやんで、すこし温かくなったら、午後の暖かい日はまた「屋台のおでん」いいですねっ。
わたしも頑張っているたまちゃんに、桜を見せてあげたいです。
プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR