お花の贈り物

先日亡くなったチャロちゃんと12月に亡くなったチョロちゃん、そして昨年秋に亡くなった家のプチちゃんに、いつも家の子たちの介護を手伝ってくださる人間のチョロさんから素敵なお花の贈り物がありました。

春らしく元気をもらえそうな色の花たち・・・。



猫たちに、いつもいつも、献身的な介護をしてくださるチョロさん。

わたしや家の子たちがお礼をたくさん言わなければいけないのに、「ありがとう」なんていうメッセージ。
本当に優しく温かいお人柄を感じて、お花を受け取った時、わたしの心にも春風が届いたような気持ちになりました。

IMG_7992.jpg

チョロさんの思いは、みんなに届き、天国できっと喜んでいると思います。

そんなチョロちゃんの温かいお気持ちが春を運んでくれたのかのように、今日の午後、名古屋はポカポカ陽気でした。
家の中に入り浸っていた家の子たちも小さな庭でひなたぼっこ。

縁台の上でお昼寝するクロちゃん

IMG_8001.jpg

おーちゃんも外の風が気持ちよさそうで、古い机にスリスリ・・・

IMG_8007.jpg

すずとごまちゃんも外でくつろいでいます。

IMG_8004.jpg

人の気持ちも外の風も温かいのはうれしくて猫たちの気持ちもちょっとほっこりする気がします。

ひささん、Juneさん、銀の翼さん チャロちゃんに温かいコメントを寄せていただきありがとうございました。

メールをくださった方、そしてチャロちゃんのブログ記事へのたくさんの拍手にも皆さまの温かい思いを感じました。

皆さまの優しいお気持ちはチャロちゃんに伝わっているように思っています。

ありがとうございました。




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


【追悼】優しいチャロちゃんへ

前回、家のチャロちゃんの闘病の記事を書きましたが、チャロは一昨日逝ってしまいました。

今は、ただ慙愧の思いでいっぱいです。

本日は、チャロちゃんへの追悼文とさせてください。

**********************************************

大好きな可愛いチャロちゃんへ

チャロちゃん チャロちゃん

チャロちゃんが、あまりにも早く旅立ってしまって、お母さんは覚悟も全然できていなくて、この状況を受け入れることができずにいます。

チャロちゃんに元気を取り戻してほしくて、独りぼっちで入院させて最後に辛い治療をさせてしまい病院で逝かせてしまいました。
本当にごめんね。

お見舞いに行ったとき、おぼろげな意識のなか、お母さんの顔を見て一瞬鳴いてくれたこと、体温が落ちて冷たくなった手ですら
握った指ををキュッて握り返してくれたこと、お母さんは一生忘れません。

とても優しいチャロちゃんは、お母さんが見かねた子を拾ってきてしまっても、いつだって怒らずにどんな子にも優しく接してくれたね。

辛い治療も強制給餌も、怖いことや痛いことをたくさんしたのに、たった一度も爪を立てたり噛んだりしなかったね。

お母さんは、チャロちゃんが弱虫さんだと思っていたけれど、チャロちゃんほど優しく、我慢強く、健気な子を知りません。

誰かが「本当の優しさは強さだ」と言っていたのを憶えているけれど、それをチャロちゃんに教えられた気がします。

チャロちゃんのところへ一緒に行きたいけれど、まだ、残していけない子たちもいるから、お母さんはチャロちゃんの優しさを思って頑張って生きていく努力をしなくちゃいけないね。

いつかお母さんがチャロちゃんのところへ行ったら、いっぱいギュッて抱きしめさせてね。
チャロちゃんの介護を真摯にお手伝いしてくれたチャロさんとも遊ぼうね。

もうきっとお口も痛くないから、ごはんもたくさん食べようね。

大好きな可愛いチャロちゃんが安らかな愛の光に包まれますように。

これからもチャロちゃんが、ただただ幸せでありますように。

いつか、また会える日を信じて、一緒に暮らせる日を信じて、今日もこれからもずっとお母さんは祈り続けます。

お母さんの可愛いチャロちゃん、待っていてね。








★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


うちのチャロちゃんが闘病中です

闘病ブログは読まれる方も辛いかと思いこのブログには登場したことはなかったのですが、難治性の口内炎で闘病中だったうちのチャロちゃん(オス、6歳くらい)が先週くらいから、ひどい貧血と黄疸の症状になり、瀕死の状態になっています。

血液検査をしても、なかなか原因となる疾患がつかめず、かかりつけの病院や夜間救急病院へまわり介護を続けるもどんどん弱ってしまいました。

チョロさんが、仕事が休みのときに来てくださったり、強制給餌を続けていましたが、改善はみられず友人が紹介してくれた供血猫がいた病院へ輸血と入院をしました。
まだ、6歳くらいなのに慢性腎不全からきているのではないかという腎臓の変形が指摘され、獣医師に治療をしても治る可能性はかなり低いのではないかと言われましたが、このまま手をこまねいているのも耐え難く入院をさせました。

数年前に保護した時からとても臆病で、人間が怖くてしかたのなかった子ですが、ようやく触るとグルグルと喉を鳴らしてくれるようになったのに、悔しくて悲しくてなりません。

とても優しいチャロちゃんは、大嫌いな強制給餌も投薬も首を振って嫌がりますが、決して爪を立てたり噛んだりはしません。

そんな健気なチャロを見ていると助けてあげたくて辛くてしかたがないのですが、今は祈ることしかできません。

今は、チャロのことばかりでわたし自身、時間的にも精神的にも余裕がない状態が続いています。

せっかくこのブログを見に来てくださる皆さまにも明るく楽しい話題のひとつも書けません。
本当に申し訳ありません。

私事ですがうちの猫たちは、わたしの大切な大切な家族です。
12月にチョロちゃんを亡くして、また大切な家族がこのようなことになってしまい気持ちも安らぐことがありません。

今は、ただ家のチャロちゃんだけに専念する我儘をどうぞお許しください。

写真はうちのチャロちゃんです。




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


猫の日によせて

猫との暮らしは小さな試練の連続かもしれません。

たとえば、うちの猫などは、にゃあんと鳴けばすべてが済むと思っているようです。
それでもトーンは色々使い分けているようですが・・・。

悪戯がすぎて怒ったところで拗ねるだけで、言うことを聞いたためしがありません。
雑誌や新聞を広げると、どーんとその上に乗りお腹をさすれと言わんばかり。

気に入ったかと思って同じおやつを買ってきても、次の日は匂いだけ嗅いでプイッとどこかへ行ってしまいます。

甘えたいときや遊びたいときは、人が何をしていてもおかまいなしにまとわりつきます。
それでも無視をしていると、パソコンのキーボードの上にいきなり乗ったりして後ろ足でホームボタンを押して強制終了。

そのくせ、自分の気が向かなければ、絶対聞こえているはずなのにいくら呼んでもこない。

よくもこんなにわがままに育ったものだと呆れることしきり・・・。

一日家を空けて帰ると、1週間分くらい掃除しないくらいに散らかしてくれたり、張り替えたばかりの椅子のカバーで爪とぎをはじめたり、レースのカーテンによじ登って穴をあけたり・・・。
小さな身体で破壊力はなかなかのものです。

ひとたび膝の上で寝入ってしまえば、なかなか立てちあがることもできません。
縦長のベッドで横に寝られたら、伸びをするたびに起こさないようにどんどんベッドの隅へ追いやられます。

それでも、この小さなふんわりとした生き物は、どうしようもなく愛らしく、いつのまにかその要求に必死で答えようとしている自分がいます。

しっぽをあげて小走りで迎えにきてくれたり、ぴったりと身体を寄せてぐるぐると喉を鳴らされると、どんな癒しよりも強力です。

猫との暮らしはモノクロのフィルムがカラーになったように豊かに感じます。
とにかく、元気ならそれで十分だと思ってしまいます。

そうして、わがままで愛おしくてたまらない猫に今日も踊らされています。


801blue.jpg




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


猫バンバン - 冬は車に乗る前に -

インターネットやツィッターでも話題になっているのでご存知の方も多いかと思いますが、日産がとても素晴らしいプロジェクトを立ち上げています。

猫バンバンプロジェクトです。

http://www2.nissan.co.jp/SOCIAL/CAMP/NEKOBANBAN/

kontake_151119nekobanban01.jpg


「冬はクルマに乗る前に、ボンネットをバンバン。
そんな簡単なアクションで、猫たちの命を守ることができます。
毎日のドライブに、ちょっとした思いやりを。」



「乗車前の「ちょっとした思いやり」で救える命があります。
エンジンルームやボンネットなど鳴き声や気配がないか #猫バンバン をして確認をしましょう」


というもの。

プロジェクトに合わせて猫の可愛い表情がたくさんつまった素敵な動画も作られました



個人的にはこういう広告費をかける日産の企業イメージがかなりアップしました!


車の走行性や燃費ももちろん大切ですが、どうせ車を買うならこういう思いやりのある企業を応援したいと思います。

せっかくだから猫が事故に巻き込まれないような構造の車を作ってくれたら、買いたいなぁって思ったり。



本当は、寒い冬に頑張って必死で生きているお外の子たちが暖かく眠れる場所があったらどんなによいだろうと思います。

たとえば、公園の片隅に、まちの数か所に・・・。
(こんな発想をするだけで、目くじらを立てるひともきっといるのでしょうが・・・)

飼い主のいないお外の子をみんな救いたくても、経済的にも時間的にもすべての子たちに手を差し伸べることは到底できません。
自らの無力さを思いながら、彼らにそんなささやかなぬくもりを与えられる社会がどうしたら作れるのかと思いをめぐらしたり・・・。


ともあれ、猫好きさんにも、猫があんまり好きじゃないひとにも

ちょっとした思いやりで救える命

猫バンバンプロジェクトがどんどん広まりますように・・・。




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR