「餌やりおばさん」-京都市野良猫に餌やり禁止条例(仮)によせて

僕の大好きな優しいおばさん
服はよれよれ、手はガサガサ
パートっていう仕事をしているんだ。
おばさんは、餌やりおばさんって言われている。

毎日、夜になるとおなかをすかせた捨て猫の僕たちのためにごはんを持ってきてくれる。

おばさんは、前は市営住宅というところに住んでいたけど、病気の猫を拾ってしかたなく飼ったからって
猫とそこを出て行かなくちゃならなくなったんだって。

それで、一生懸命猫を飼えるアパートを探して仕事も増やしたって。
でも、ひとりで生きられないような病気の子や事故にあった子を拾っていたら
家はすごくたくさんの猫であふれてしまったんだって。
だから僕たちには「ごめんね」って言いながらごはんだけくれるんだ。
僕たちが食べ終わると器を持って帰っていくよ。

おばさんは僕たち野良猫が増えないように、僕たちを病院に手術に連れて行ったんだ。
すごく怖かったけど、おばさんは、もう不幸な子は増やしたくないって言ってんだよ。

それから、近所の人に僕たちのトイレを置かせてくれって頼んでいた。
そうすれば、いろんなところで糞をしないからって。
人間界のルールは、わからないけど、その場所はおばさんが勝手に使っちゃいけない他人の土地だから許してもらえないとトイレも置けないらしい。

でも、近所の人たちはみんな断るんだ。
「どうして、野良猫の糞の始末をわたしがしなきゃいけないんだ」って。

自分たちはしないのかな・・・。

僕たちを嫌っているおじさんは、僕が少し離れているのを見かけただけで、
「しっ」って蹴り上げる真似をして、とても怖いんだ。
そしておばさんを猫に餌をやる悪者だといって、おばさんを見ると怒鳴りちらす。

でも、そのおじさんがこのまえ、おばさんに勝ち誇ったように言ってどっかへ行った。
「餌やりおばさん、こんどから、あんたは罰金だよ。とっとと餌やりをやめろ」って。

どうして?どうして?そんなふうにおばさんを苛めるの?
人間に捨てられた僕たちは生きていちゃいけないの?

おばさんは、とても悲しそうに僕を見て少しだけ笑って僕の頭を撫でた。

「おまえたちを見捨てるわけにはいかないよね・・・」って。


dd539503.jpg




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


京都市の野良猫に餌やり禁止につながる条例の続報

京都市の野良猫に餌やり禁止につながる条例の続報です。

検索すると、ネットニュースでとりあげられたり、関心が高まっているようすが伺えます。
3月15日に京都市が市民向けにこの条例の説明会を行いました。

以下は抜粋です。リンクが多いですが、ぜひご覧いただけたらと思います。

野良猫への対応、市民ら意見  京都市が条例案説明会

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150315000122

3月15日 京都市が猫の餌やり禁止につながる「動物による迷惑等の防止に関する条例案」の説明会を開催しました。

この説明会の様子などが以下のジャーナリストのブログに書いてありました。

http://blog.goo.ne.jp/ssk23_2005/e/7db81d8fdeb778a4afb48d5adfc8daa5


この説明会を受けてのペット法塾 植田弁護士のPDFはこちら

http://sagamidoubutsu.web.fc2.com/pethoujyuku.pdf

ネットにあった野良猫の写真1
010_20130719064159.jpg

こちらは、川越の「ねこかつ」さんのブログ記事です。これだけでも、ぜひご覧いただけたらと思います。
ガリガリにやせた体で必死に頑張って生きている猫の写真に胸がつまり、突き動かされるような思いです。

http://ameblo.jp/cafe-nekokatsu/entry-12002411227.html

「野良猫に なぜそこまでと問う人に  なぜ平気かと聞き返したい」

とても、尤もだと思いました。

この地球は人間だけの持ち物ではないはずなのに・・・。
なぜもっと、思いやりのある政治が、行政ができないのかと悲しくなります。

4月には統一地方選挙や京都市・府議会員一般選挙もあります。
唯一、わたしたち国民が政治に関わる機会です。

今回の条例を通そうとする議員はまた、当選するのでしょうか。

候補議員がどんな考えでどんな活動をしているのかをもう一度考えたいと思います。

そして、選ばれた人たちが今回のような条例を作ることを忘れないように・・・と思います。

ネットにあった野良猫の写真2
050.jpg




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


緊急拡散希望!京都市条例…条例から猫は除外してください!・・・ご協力のお願い

犬猫救済の輪さんより転載します。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

緊急!!大拡散希望!!

京都市条例…自民党・田中明秀市議は私たちの声を聞いて下さい。条例から猫は除外してください!!


京都市猫餌やり禁止につながる条例・・・12日、13日の予算委員会(市長総括質疑)で、市長、副市長に対する質疑が行われ、3月20日が最終本会議です。

私たちにできる最後のこと

市議会の様子などを総合的に判断すると、共産党市議団、公明党市議団は条例案に反対、あるいは修正のスタンスのようです◎
これはTHEペット法塾様のアンケートの回答結果や実際の質疑の様子から読み取ることができます。

問題は自民党市議団です。

アンケートにも一切無言です。つまり条例を制定させる決意だと推測できます。
3005通のパブリックコメントの大多数が「猫への餌やりについて条例化しないでほしい」というものですが、それについてひたすら沈黙です。
自民党市議の人数は多く、このままでは3005通の皆さんのパブリックコメントが「ただの紙切れ」になってしまいます。

この条例を担当している教育福祉委員会の委員長であらせられる田中明秀市議(自民党)はこの条例の提言者でもあります 

田中委員長に、反対大多数のパブリックコメントを尊重して「条例から猫は除外する」という文言を条例に明記するようお願いしてください。 田中委員長こそ条例を阻止できるかどうかのカギを握っている キーパーーソンです。 

 おひとりでも多く、田中議員にメール、ファックス、郵送などで「条例から猫を除外する」か「条例案を廃案にする」かをお願いしてください。お急ぎください!ほかの自民党市議にもお願いします


文例↓
 「パブリックコメント大多数の反対意見を尊重して、条例から猫は除外してください」

<送付先>
田中明秀
こちらからメールが出せます ↓
http://www.tanaka-akihide.com/guide/contact.html

〒615-8227
京都市西京区上桂宮ノ後町38-2 田中ビル3F
TEL&FAX 075-204-6128


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


転載ここまで

この条例が制定されてしまえば、個人のボランティアさんは猫嫌いの人から糾弾され、飼い主のいない猫たちのただでさえ過酷な状況が、さらに追い込まれることになることは容易に推測されます。

さらに京都だけにとどまらず、他の地域へも同じような条例が波及する恐れがあります。

地域猫にかかわる個人ボランティアの方を何人も知っていますが、真面目に真摯に向き合おうとするひとこそ、大々的に寄付を集めるような派手な活動はなく自らのお金を使い、時間を使い、目の前の猫達のために多くの犠牲を払っています。
そして、その方たちによって生かされている猫たちがたくさんいます。

誰も、なりたくて野良猫になったわけではありません。

助けたくてもすべての子たちを保護できるわけではありません。


言葉なき小さなものたちに、ささやかな生きる糧を与え、生かす権利を守るために手を差し伸べようとする人を、悪質な餌やりと混同し、罰をあたえるような条例があってはならないと思います。

文例の一文だけでも、コピーしてメールをしていただけたらと思います。

連日、楽しくない話題で申し訳ありませんが、不幸な猫たちがこれ以上不幸にならないように、たったひとりでも、どうかお力をお貸しいただけたらと思います。


::参考::
以下はわたしの自民党市議各位へ送った文面です。
個人的なものですが、よろしければ、ご自由にコピー&ペーストしてお使いください。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
わたしたちは見ています。
貴殿が、どんな条例をつくろうとしているのかを。
パブリックコメントの多くの反対意見を無視して条例をつくるなら、わたしとわたしの家族、友人は、そのこととあなたの名前を忘れません。
京都市条例案は、野良猫発生の原因の捨て猫対策には措置を取らず、京都市で犬猫に対する苦情が大きく減っている中で、それを実現してきた猫餌やりを反社会的な迷惑行為として排除しています。野良猫の命に対する思いはなく、野良猫解決とは全く逆の、動物愛護法に反する誤った条例であるというというのが率直な感想です。
わたしたちは、あなたがかような条例をつくろうとしているのを忘れません。
弱者の痛みを思いやれず、短絡的な手法で一方的に排除する政治家には、わたしも家族も、友人も、NOといいます。
ペット法塾というサイトののおこなったアンケートに自民党の市会議員が無回答なことが、いくつかのサイトで公開されています。
市民の代表といいながら、多くの市民の声も活かそうとせず、自らにとって不都合な回答はしない・・・市会議員ののこのような姿勢は遺憾でなりません。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すずも野良猫でした・・・。個人で餌やりをした後、保護できました。
IMG_5016000.jpg







★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


京都市の野良猫に餌やり禁止の条例のパブリックコメントその後

こちらの記事でエントリーをあげた京都市野良猫餌やり禁止の条例(仮)に関する市長、副市長に対する質疑が本日12日、明日13日の予算委員会(市長総括質疑)で、おこなわれるようです。
犬猫救済の輪さんのブログより)

このパブリックコメントの募集に対しては、3千件を超えるコメントが寄せられたようで、とても関心が高いことが示されています。

IMG_5592.jpg


これに関してペット法塾さんが京都市議にアンケートをおこなった回答をPDFにまとめてくださったものを公開してくださっています。
是非、ご覧ください。


京都緊急集会 京都市会議員各位様アンケート回答

http://thepetlaw.web.fc2.com/Scan/270302kyotogiin-kaitou.pdf

これを見ると京都市議の多くは留保と回答をしているのが、目にとまります。
また、どの市議が、この問題に対してどんな考えをしているのかもわかります。
残念ながら無回答もあります。


IMG_5591 (1)


一方で京都市は、「京都市動物による迷惑等の防止に関する条例(案)」に係る市民説明会の開催したり、条例反対のパブリックコメントに対して異例ともいえる声明文を発表し、なんとしても本条例制定に持ち込みたいという姿勢が窺われます。

(個人的な感想としては、一方で広く市民等の声を反映させるべくパブリックコメントを募集しておきながら、一方で同時期に担当課の牽強付会な論説による恣意的な声明文を発表するなど、行政の強引な結果ありきの一面を感じ、京都市行政のあり方に疑問を感じざるをえませんでした。)

ありがたいことに、拙ブログを読んでくださりパブリックコメントを出してくださった方も何人かおられたようです。

そういう皆さまのお気持ちを無駄にしないよう今後も注目していきたいと思っております。


IMG_5594.jpg


※参考にペット法塾さんがわかりやすく論理的に纏められた、条例の骨子を以下に記します。
(この条例のもつ問題の意味がとても良くあらわされています)


1 京都市パブコメ募集骨子は①~④です。(*は言葉から理解される意味)

① 野良猫に餌やりをしようとする方は、猫を自ら飼養するか、「まちねこ支援事業」に沿って、適切な管理の下で実施する。
* 野良猫に餌やりは、「まちねこ支援事業」しか認めず、そうでなければ、猫を自ら飼養すること(即ち「持ち帰れ」と同じ意味か)。

② 身近にいる動物に対し無責任な給餌(餌やり)をしたり、残飯ごみを放置したりしてはならない。

③ これに違反し(生活環境が損なわれ)たときは勧告・命令、勧告・命令に違反したときは過料(行政罰)の制裁を課す。
* 猫餌やりに罰則を課す。

④ まちねこ支援事業は、①3名以上の団体。②町内会等の同意を得る。③猫用トイレの管理や猫の生息状況の把握などをし、飼養が可能な私有地内に設定する。
* 個人の猫餌やりは排除して認めない。3名以上、町内会の同意を得ること、私有地など猫餌やり場を用意することを課すことは、個人の猫餌やりに不可能を強い、個人の猫餌やりを排除するもので「野良猫餌やり禁止条例」と認められる。


言葉はなくても伝わる気持ち・・・
IMG_5596.jpg






★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


京都市の野良猫に餌やり禁止条例に意見を!(1月14日まで)

【緊急拡散希望】 京都市の野良猫に餌やり禁止条例のパブリックコメントの募集

IMG_5016000.jpg

(記事の転載元 『犬猫救済の輪』平成26年12月21日の記事) 
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の制定に係る意見募集について

京都市が野良猫への餌やりに関する条例を罰則つきで制定しようとしています。
条例が制定されてしまうと
野良猫の世話をしてくださっているボランティアの皆様にとっては活動に大きな支障をきたしてしまいます。

京都市だけの問題ではありません。

京都市が野良猫への餌やりを規制するような条例を制定しないようぜひ意見を出してください。
下方に意見例を掲載しますので、全文でも一文でもご自由にコピーなどしてお使いください。


問題になる原文
 野良猫に餌やりをしようとする方は,猫を自ら飼養いただくか(1),
又は,「まちねこ活動支援事業」に沿って,適切な管理の下で実施いただきますようお願いします。

身近にいる動物に対し無責任な給餌(餌やり)(2)をしたり,残飯ごみを放置したりしてはならないこと。

条例を実効性あるものとするための措置
 本市では,この条例に基づき,ルールを守っていただけるよう,啓発や指導等に取り組んでまいりますが,改善がみられないケースや悪質なケースに対しては条例の実効性を担保するため,次のような措置を設けます。

勧告・命令(3)
 〇 身近な動物に対し無責任な給餌をしたり,残飯ごみを放置することにより,周辺の生活環境が損なわれていると認められるとき。

過料(4)
 〇 上記の勧告・命令に違反したとき


なぜ問題なのか?上記下線部分の番号に対応します。

(1) 野良猫へ餌をやる人に所有権を押し付けることは法的にできません。
野良猫は民法上の「無主物」です。本人が希望しなければ無主物の所有者になることを他人が押し付けることはできないからです。
また、その野良猫に万が一、本当の飼い主がいたら、飼い主の所有権を侵害してしまうことになります。
さらに猫を終世飼養するには200万前後の費用が必要ですので、猫を飼うことを強要すると財産権の侵害となります。

(2) 無責任な給餌(餌やり)の定義が明確ではありません。
周辺環境や住民の愛護意識の程度によっても何が無責任なのかは変わります。
ある場所では置き餌が大丈夫かもしれませんがある場所では難しいかもしれません。
野良猫に寛容な地域と猫嫌いの人の多い地域でも「無責任」の意味が違います。
所によって状況によって基準や定義が変化するようなこがらを条例にすることはできません。

(3) (4)
民法に抵触したり、 基本的人権を侵害し違憲の可能性があることを命令したり過料をかけることはできません。
罰則を定めながら違反行為の要件が明確でない条例、または許可の範囲が不明確で行政(権力)に幅広い裁量権があるような条例は基本的人権を侵害し憲法違反となります。

今回、所有者不明猫への餌やり禁止の場所や方法状況等、どんな行為が無責任な餌やりとして違反なのか非常に曖昧になる可能性が高いと思われます。
この様に適用範囲が不明瞭な条例は作ることができません。
市民が自分の行為が違反かどうか予測できず、解釈もできないような法律は作ることができません。
不当な罪により罰せられる市民を生み出す可能性があるし、解釈する側(この場合は市)が自由に裁量できる(どうにでもできる)と、不公平な事態が起きうるので憲法が保障する基本的人権の平等権侵害の恐れもあります。

意見応募フォームはこちらから
https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572

意見例(ご自由にコピーしてお使いください)
※罰則付きで野良猫への餌やりを制限するような条例は作らないでください。
ボランテイアへの偏見を助長し活動がしにくくなります。

※「無責任な餌やり」といっても定義や基準が明確ではないので、市民が不当な罪で罰せられてしまい、基本的人権侵害の恐れがあり条例には反対です。

※野良猫を餌をやるからには家に連れて行けというのは、民法に抵触し、所有権、財産権の侵害になるので適切ではありません。

全国の皆様、
この条例が成立したら大変危機的です。
今回のパブリックコメントで条例化を阻止しなければなりません。
パブリックコメントに意見を提出していただくことにぜひご協力ください。
お知り合いにもぜひ広めてください。

また京都市議の先生がたにもメールやファックスなどで訴えてください。
http://www.city.kyoto.jp/shikai/meibo/gojuon.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
(以上転載)

※本件は「みなと猫の会」さんのブログで知りました。

参考:【広報資料】「京都市動物による迷惑の防止に関する条例(仮称)」の制定に係る意見募集について
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000173377.html

上記京都市情報館のページに以下の小学生の作文が掲載されています。
「じぶんのつごうがよくても,それがみんなのめいわくにならないことかなとかんがえてみてから,じぶんのすきなようにしなさいね」

この「じぶん」という単語を「にんげん」と置き換えたらどうでしょう。
そのほうが、ずっと深く大切な何かを訴えてくるような気がしています。
京都も日本も人間だけのものではないはずです。

::本件における個人的考察::

当該条例の骨子において、最も問題としなければならないのは、「犬猫救済の輪」の原文にあるとおりのように思います。
私自身、迷惑な餌やりさんに自宅の前に毎日猫の餌を置かれ、警察に相談に行ったこともあります。

一方で過去にTNR活動、保護活動のなかで野良猫に餌やりをしてきました。
茶豆や、すずもそうです。
あまり警戒心のない子猫の茶豆は1週間、すずは、3日ほど餌やりをしまして保護できました。

けれども、保護までに2か月かかった遺棄された成猫もいました。
その猫の場合、わたしは、保護を前提とした餌やりをするということで、事前に所管の保健所にも連絡していました。(当時の担当者からも信頼を得ていました)
それでも、近隣の猫嫌いの住民から大声で威嚇をされ、暴力で警察沙汰にもなりそうでした。
(間一髪で暴力を免れましたが・・・)

ルールを守ろうとし、努力しながら猫を保護しようとしてもこういうことがままあるということは、保護活動に関わった方なら少なからず経験があるかとも思います。

このような条例ができれば、猫嫌いで排除だけしたいという人間にが「錦の御旗」のように、それをふりかざすような気がしています。そして、猫の保護、TNR活動をしようとするものを攻撃するのは目に見えています。

一方で、個人では時間面、費用面において保護に限界があることも痛感しています。すべての子を保護できるわけではありません。

ここで、あらためて京都市の要求する保護もしくは「まちねこ支援事業」について調べてみると、個人や少人数で猫の保護やTNR活動をしているものにとって、とても厳しいものであるような気がしてなりません。

では、「まちねこ支援事業」とはなんでしょう?

★まちねこ活動は以下の基準です。
・地域住民3人以上でグループを作る
・町内会に説明し理解を得る
・行政に認定の手続きをし、審査を受ける

ならば、個人で頑張ってTNR活動をしている人の餌やりは、罰則にあたるのでしょうか?
同様に2人で頑張って地域猫活動をしている人は罰則にあたるのでしょうか?

何度、京都市の当該ページを読んでも論点のすりかえのようで、とても違和感があります。

日本のような法治国家において、あまりにも偏ったこのような条例が施行されるのは行政の施策として乱暴な気がしてなりません。

不幸な猫を救いたいという思いが権威に捻じ曲げられるのは残念でなりません。

どうか、ご自身の意見、また、うまく自分の意見を活字にできないといわれる方は、「犬猫救済の輪」さんが作成してくださった下記の意見例をコピー&ペーストで京都市のパブリックコメント募集係までお送りください。

そして、どうぞ忘れないでください。一人一人の意見が集まれば大きな力となることを。

意見応募フォームはこちらから

https://sc.city.kyoto.lg.jp/multiform/multiform.php?form_id=1572

意見例(ご自由にコピーしてお使いください)

※罰則付きで野良猫への餌やりを制限するような条例は作らないでください。
ボランテイアへの偏見を助長し活動がしにくくなります。

※「無責任な餌やり」といっても定義や基準が明確ではないので、市民が不当な罪で罰せられてしまい、基本的人権侵害の恐れがあり条例には反対です。

※野良猫を餌をやるからには家に連れて行けというのは、民法に抵触し、所有権、財産権の侵害になるので適切ではありません。

野良猫だったすずは個人で餌やりをして保護しました。IMG_43050.jpg




★ブログランキングに参加しています★
↓よかったら応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ


プロフィール

M

Author:M
保護した縞三毛すずと猫たちのブログです。

いただいたコメントで、公開に相応しくないと判断したものについては、承認せずにサクッと削除させていただきます。
どうぞご了承くださいませ❤

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR